総説

 

  1. Narita M and Tseng LF: Evidence for the existence of the b-endorphin-sensitive “e-opioid receptor” in the brain: The mechanisms of e-mediated antinociception. Jpn. J. Pharmacol., 76, 233-253 (1998) 査読有

 

  1. 成田年: 新しいタイプのオピオイドペプチドによる G-protein 活性化機構の検討: [35S]GTPgS 結合実験の有用性とその応用. 日本神経精神薬理学会誌 (Jpn. J. Psychopharmacol.), 18, 107-116 (1998) 査読有

 

  1. 成田 年: m 受容体のスプライスバリアントと新しい鎮痛薬開発. ファルマシア, 36, 235 (2000)

 

  1. 成田 年、矢島義識、鈴木 勉: オピオイド系研究の新しい展開. ペインクリニック, 21, 387-401 (2000)

 

  1. 成田 年、矢島義識、鈴木 勉: モルヒネ依存研究の最近の展開. 日本アルコール・薬物医学会雑誌, 35, 283-294 (2000)

 

 

  1. 尾崎 覚、成田 年、鈴木 勉: 慢性疼痛下におけるモルヒネ精神依存の基礎的研究. 日本臨床, 59, 1704-1712 (2000)

 

  1. 鈴木 勉、岸本弥生、成田 年: 疼痛のあるがん患者はなぜモルヒネ依存症にならないか. 緩和医療学, 2, 216-221 (2000)

 

  1. 鈴木 勉, 岸本弥生, 成田 年: 癌性疼痛と精神依存. 精神医学レビュー, 34, 107-109 (2000)

 

  1. 成田 年、鈴木 勉: モルヒネ依存の分子機構. 脳の科学, 22, 417-425 (2000)

 

  1. 成田 年、鈴木 勉: モルヒネ耐性機構の新知見 –最先端の研究と今後の課題-. 綜合臨床, 50, 2446-2450 (2001)

 

  1. 成田 年、鈴木 勉: オピオイド受容体と薬物依存 –モルヒネ依存と分子機構-. 別冊・医学のあゆみ, 7 回膜貫通型受容体研究の新展開 –ポストゲノム時代の受容体研究のゆくえ, 199-205 (2001)

 

  1. 鈴木 勉、野村睦子、成田 年: k 受容体作動薬による精神症状. 医学のあゆみ, 199, 445-450 (2001)

 

  1. 成田 年、青木健、鈴木 勉: モルヒネ依存およびその報酬効果の形成機序 –NMDA 受容体サブユニットの関与-. 日薬理誌, 117, 13-19 (2001)

 

  1. 成田 年、鈴木 勉: 薬剤耐性の機序とその克服 ①モルヒネ, 日本病院薬剤師会雑誌, 37, 1595-1598 (2001)
  2. 成田 年、尾崎 覚、鈴木 勉: 精神依存と耐性の分子機構: オピオイドを中心に. 脳21, 4, 9-18 (2001)

 

  1. 青木 健、矢島義識、成田 年、鈴木 勉: 薬物依存の形成メカニズム, 最近の研究. 保健の科学, 43, 92-101 (2001)

 

  1. Narita M, Funada M and Suzuki T: Regulation of opioid dependence by opioid receptor types. Pharmacology & Therapeutics, 89, 1-15 (2001) 査読有

 

  1. Narita M and Sakurada S: Recent advances in search for the m-opioidergic system: Preface Jpn. J. Pharmacol., 89, 201-202 (2002) 査読有

 

  1. Narita M, Ozaki S and Suzuki T: Recent advances in the search for the m-opioidergic system: Endomorphin-induced motivational effect: Differential mechanism of endomorphin-1 and endomorphin -2. Jpn. J. Pharmacol., 89, 224-228 (2002) 査読有

 

  1. Mizoguchi H, Tseng LF, Suzuki T, Sora I and Narita M: Recent advances in the search for the m-opioidergic system: Differential mechanism of G-protein activation induced by endogenous m-opioid peptides, endomorphin and b-endorphin. Jpn. J. Pharmacol., 89, 229-234 (2002) 査読有

 

  1. 成田 年、鈴木 勉:オピオイド耐性、依存性に関する最近の研究. ペインクリニック, 23, 911-918 (2002)

 

  1. 成田 年、尾崎 覚、鈴木 勉:慢性疼痛下におけるモルヒネ精神依存の分子機構. 医学のあゆみ, 203 (1), 486-492 (2002)

 

  1. 鈴木 勉、成田 年、矢島 義識:NMDA 受容体拮抗薬としてのケタミンの基礎知識. ペインクリニック, 24 (4), 469-476 (2003)

 

  1. 加藤 英明、成田 年、鈴木 勉:鎮痛薬としてのケタミンの有用性・基礎の立場から. ペインクリニック, 24 (4), 477-483 (2003)

 

  1. 矢島 義識、成田 年、鈴木 勉:オピオイド耐性、依存性に関する最近の基礎研究. 痛みと臨床, 3 (2), 61-72 (2003)

 

  1. 成田 年、葛巻直子、鈴木 勉:慢性疼痛下におけるモルヒネ依存および耐性不形成の脳内メカニズム.がん患者と対症療法, 14, 12-17 (2003)

 

  1. 成田 年:基礎研究から見た痛みと痛みの評価.治療, 85, 21-25 (2003)

 

  1. 伊勢雄也、室田陽右、高山幸三、成田 年、鈴木 勉、宋 静香、片山志郎、平野公晟:NSAIDs の術後疼痛に対する処方状況並びに副作用発現における因子の解析.薬学雑誌, 123, 613-618 (2003)

 

  1. 成田 年:m 受容体作動薬による抗侵害効果発現における脳内 phospholipase Cg1 および phosphoinositide 3-kinase の調節機構 日本神経精神薬理学雑誌, 23 121-128 (2003) 査読無

 

  1. Narita M, Suzuki M, Imai S, Narita M, Ozaki S, Kishimoto Y, Oe K, Yajima Y, Yamazaki M and Suzuki T: Molecular mechanism of changes in the morphine-induced pharmacological actions under chronic pain-like state: Suppression of dopaminergic transmission in the brain. Life Sci., 74, 2655-2673 (2004) 査読有

 

  1. 成田 年、宮竹真由美、鈴木雅美、芝崎真裕、矢島 義識、鈴木 勉:基礎からオピオイド使用を勧める理由—慢性疼痛下におけるオピオイドおよびドパミン神経系に対する修飾ならびにオピオイドによる一過性のグリア細胞活性化および神経細胞死に対する影響—.ペインクリニック, 25 (4), 423-431 (2004)

 

  1. 成田 年、鈴木雅美、成田道子、新倉慶一、島村昌弘、葛巻直子、矢島義識、鈴木 勉:慢性疼痛下におけるモルヒネの精神依存形成抑制と鎮痛作用の感受性低下の分子機構.日本ペインクリニック学会誌, 11, 397-405 (2004)

 

  1. 成田 年、芝崎真裕、鈴木 勉:オピオイド受容体.ターミナルケア, 14, 445-453 (2004)

 

  1. 矢島義識、成田 年、鈴木雅美、鈴木 勉:身体依存と精神依存、そして耐性.ターミナルケア, 14, 454-463 (2004)

 

  1. Hasebe K, Kawai K, Suzuki T, Kawamura K, Tanaka T, Narita M, Nagase H and Suzuki T: Possible pharmacotherapy of the opioid k receptor agonist for drug dependence. Ann. N. Y. Acad. Sci., 1025, 404-413. (2004)

 

  1. 鈴木 勉、水尾圭祐、宮川和也、成田 年: Bisphenol-Aの胎児期および授乳期曝露による脳内報酬系に及ぼす影響、日本神経精神薬理学雑誌, 25, 125-128 (2005) 査読有

 

  1. 成田 年、宮竹真由美、鈴木雅美、葛巻直子、鈴木 勉: 薬物依存形成の分子機構:細胞間相互作用とグリア細胞の役割.日本精神薬理学雑誌, 26, 33-39 (2005) 査読無

 

  1. Narita M, Kato H, Miyoshi K, Aoki T, Yajima Y, Suzuki T: Treatment for psychological dependence on morphine; Usefulness of inhibiting NMDA receptor and its associated protein kinase in the nucleus accumbens, Life Sci., 77, 2207-2220 (2005) 査読有

 

  1. 成田 年、葛巻直子、鈴木 勉: オキシコドンの臨床薬理 オキシコドンの鎮痛作用と数種薬理作用. がん患者と対症療法, 16, 12-16 (2005)

 

  1. 成田 年、葛巻直子、鈴木 勉: オキシコドンの臨床薬理 オキシコドンの神経因性疼痛に対する有効性 オキシコドンの慢性疼痛下における精神依存不形成機構を中心に. がん患者と対症療法, 16, 17-21 (2005)

 

  1. 成田 年、南雲康行、鈴木 勉: 痛みとモルヒネ精神依存−基礎的知見に基づいたオピオイド使用のすすめ. 治療学, 39, 788-792 (2005)

 

  1. 成田 年、新倉慶一、鈴木雅美、金子ちひろ、葛巻直子、矢島義識、鈴木 勉: オピオイド研究の最前線ペインクリニック, 26, 1111-1118 (2005)

 

  1. 成田 年、宮川和也、富田真理子、水尾圭祐、鈴木 勉: Bisphenol-A の胎児期および授乳期慢性曝露による dopamine 神経行動毒性発現. 精神科, 6, 256-262 (2005)

 

  1. 成田 年、宮竹真由美、鈴木雅美、鈴木 勉: 薬物依存時におけるシナプス可塑性とグリア細胞. グリアから依存を考える. 日薬理誌 (ミニ総説), 126, 43-48 (2005)

 

  1. 成田 年、南雲康行、尾崎雅彦、鈴木雅美、矢島義識、鈴木 勉: オピオイド鎮痛薬の薬理学的特性. ペインクリニック, 26, 240-250 (2005)

 

  1. 矢島義識、成田 年、尾崎雅彦、新倉慶一、鈴木 勉: 癌性疼痛の疼痛緩和に関する研究.癌と化学療法, 32, 1377-1383 (2005)

 

  1. 矢島義識、成田 年、尾崎雅彦、鈴木 勉: オキシコドンの薬理(鎮痛薬としての特徴・他のオピオイドとの比較)緩和医療学, 7, 14-22 (2005)

 

  1. 成田 年、吉田拓也、矢島義識、中島直弓、鈴木 勉: 神経因性疼痛発現における脊髄内グリア細胞の役割.慢性疼痛, 24, 111-114 (2005)

 

  1. 成田 年、宮竹真由美、矢島義識、鈴木 勉: モルヒネ依存における持続的神経内プロテインキナーゼ C の活性化と細胞-細胞間相互作用. 日本薬理学雑誌, 127, 32-35 (2006) 査読無

 

  1. 鈴木 勉、尾崎雅彦、鈴木雅美、矢島義識、成田 年: オピオイド鎮痛薬の適正使用-オピオイド鎮痛薬の有効性と限界-.日本炎症・再生医学会雑誌, 26, 96-100 (2006) 査読無

 

  1. 成田 年、中島直弓、矢島義識、鈴木 勉: 緩和医療学講座ABC「NSAIDs」.緩和医療学, 8, 73-77 (2006)

 

  1. 成田 年、中邨篤史、鈴木雅美、鈴木 勉: 特集 がん疼痛管理「再考」-がん疼痛の評価と治療・管理の実際- Ⅱ. 段階的薬物療法とその周辺 中等度の痛みに対するトラマドールの意義と現状での問題点.Progress in Medicine, 26, 2419-2421 (2006)

 

  1. 成田 年臼井あい子、成田道子、野崎博之、矢島義識、鈴木 勉: 慢性疼痛発現における脊髄内 thrombin ならびに血小板由来増殖因子 (PDGF) の役割. 日本ペインクリニック学会誌, 14, 107-112 (2007) 査読有

 

  1. 成田 年、鈴木 勉: 疼痛行動の評価法. 日本薬理学雑誌, 130, 124-127 (2007) 査読無

 

  1. Kato H, Narita M, Suzuki M, Yoshimoto K, Yasuhara M and Suzuki T: Role of tyrosine kinase-dependent phosphorylation of NR2B subunit-containing NMDA receptor in morphine reward. Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence, 42(1) 13-20 (2007) 査読有

 

 

  1. 成田 年、池上大悟、鈴木雅美、鈴木 勉: 疼痛と鎮痛のメカニズム.臨牀消化器内科, 22, 153-159 (2007)

 

  1. 成田 年、三好 歓、鈴木雅美、鈴木 勉: オピオイドについての新しい話題 ペインクリニック, 28, 367-378 (2007)

 

  1. 成田 年、鈴木 勉: 疼痛行動の評価法. 日本薬理学雑誌 130, 124-127 (2007)

 

  1. 宮川和也、辻 稔、竹内智子、成田 年、鈴木 勉、武田弘志: ストレス適応期と疲憊期における 5-HT1A 受容体の機能変化. 精神科 11(1) 62-67 (2007)

 

  1. 鈴木 勉、成田 年: おさらい「オピオイドの薬理学・薬剤学」①「オピオイド=麻薬」と考えてよいですか? 薬局 58(11) 13-15 (2007)

 

  1. 成田 年、新倉慶一、鈴木 勉: おさらい「オピオイドの薬理学・薬剤学」② オピオイドが作用する受容体の種類と特徴について教えてください. 薬局 58(11) 16-20 (2007)

 

  1. 葛巻直子、成田 年、鈴木 勉: おさらい「オピオイドの薬理学・薬剤学」④ なぜ, がん疼痛治療時においてモルヒネの依存性はあまり問題にならないのでしょうか? 薬局 58(11) 25-28 (2007)

 

  1. 鈴木雅美、成田 年、鈴木 勉: おさらい「オピオイドの薬理学・薬剤学」⑤ オピオイドをくり返し投与することにより形成される鎮痛耐性について教えてください. また, 耐性が形成される薬理作用と形成されにくい薬理作用について教えてください. 薬局 58(11) 29-33 (2007)

 

  1. 葛巻直子、成田 年、鈴木 勉: 痛みシグナルによる情動障害と帯状回領域の変化.医学のあゆみ 223(9) 713-716 (2007)

 

  1. 葛巻直子、清水寿和、成田 年、鈴木雅美、鈴木 勉: 期待される選択的 COX-2 阻害薬 2 鎮痛薬としての COX-2 阻害薬.治療学 41(12) 1209-1212 (2007)

 

 

  1. 成田 年、新倉慶一、鈴木 勉 (分担執筆): おさらい「オピオイドの薬理学・薬剤学②」, 薬局, 58, pp. 16-20, 南山堂, (2007)

 

  1. 成田 年、橋本敬輔、鈴木 勉: 緩和医療における薬物治療の基礎科学的エビデンス. 日本病院薬剤師会雑誌 44 877-880 (2008) 査読有

 

  1. 成田 年、葛巻直子、鈴木 勉: 薬物依存形成の分子機構に及ぼす神経 -グリア相互作用の関与.日本アルコール・薬物医学会雑誌 43(1) 13-18 (2008) 査読無

 

  1. 今井哲司、成田 年、尾関あゆみ、中村篤史、橋本斉子、成田道子、葛巻直子、上園保仁、鈴木 勉: 慢性疼痛下における morphine, fentanyl および oxycodone 誘発鎮痛耐性およびその分子機構の相違. 日本神経精神薬理学雑誌, 28, 169-176 (2008) 査読無

 

  1. Narita M, Suzuki M, Kuzumaki N, Miyatake M and Suzuki T: Implication of activated astrocytes in the development of drug dependence: differences between methamphetamine and morphine. Ann. N. Y. Acad. Sci., 1141, 96-104 (2008) 査読有

 

  1. 成田 年、葛巻直子、新倉慶一、鈴木 勉: 慢性疼痛と情動 -慢性疼痛と脳高次機能の歪み-. ペインクリニック 29(2) 189-195 (2008)

 

  1. 天野 託、橋本敬輔、笠倉亜希子、成田 年、鈴木 勉: 電気生理学的実験法−アルコール研究の実験方法としての意義−. 日本アルコール・薬物医学会雑誌 43(1) 19-24 (2008)

 

  1. 橋本敬輔、成田 年、鈴木 勉: 鎮痛補助薬の現状と今後の展望−新しいオピオイドの鎮痛補助効果−. 緩和医療学 10(2) 51-58 (2008)

 

  1. 成田 年: これからの痛み研究、オピオイド研究のあり方を考える-次世代の本物のトランスレーショナルリサーチを実現するために-.ペインクリニック 29(6) 715-716 (2008)

 

  1. 成田 年、葛巻直子、上園保仁、鈴木 勉: トランスレーショナル・オピオイドリサーチとオピオイドによる次世代の緩和医療の展望. ペインクリニック, 29, 929-942 (2008)

 

  1. 成田 年、新倉慶一、葛巻直子、鈴木 勉: オピオイドによる副作用の科学的な解釈: 安全性の科学的根拠. ペインクリニック, 29, 1033-1050 (2008)

 

  1. 成田 年、上園保仁、葛巻直子、鈴木 勉: 1. トランスレーショナル・オピオイドリサーチ 2008 : m オピオイド受容体の多機能性. ペインクリニック, (別冊秋号)S301-S313 (2008)

 

  1. 成田 年、新倉慶一、今井哲司、葛巻直子、鈴木 勉: 2. オピオイドによる消化管障害および鎮痛耐性に関する最新メカニズムの解釈. ペインクリニック, (別冊秋号)S356-S370 (2008)

 

  1. 成田 年、宮竹真由美、鈴木雅美、新倉慶一、葛巻直子、鈴木 勉: 3. オピオイド適正の有用性と安全性の科学的根拠 : 医療用麻薬に対する誤解と覚醒剤との根本的相違点. ペインクリニック, (別冊秋号)S371-S379 (2008)

 

  1. 成田 年、矢島真理絵、葛巻直子、鈴木 勉: 1. オピオイド研究の新展開 –幹細胞分化決定機構におけるオピオイドの役割-.ペインクリニック (別冊秋号) S485-S490 (2008)

 

  1. 葛巻直子、成田 年、新倉慶一、鈴木 勉: 痛みストレスによる帯状回領域の機能変化. ストレス科学, 23(1) 36-42 (2008)

 

  1. 成田 年、新倉慶一、橋本敬輔、鈴木雅美、葛巻直子、鈴木 勉: オピオイド研究の最前線 ’08 -麻薬性鎮痛薬の統合的理解-. 臨床麻酔, 32(7) 1157-1165 (2008)

 

  1. 成田 年、新倉 慶一、葛巻 直子、鈴木 勉: 急性疼痛と慢性疼痛 -痛みの発現のメカニズム. 月刊薬事, 50(12) 19-26 (2008)

 

  1. 成田 年、朝戸めぐみ、新藤 恵子、葛巻 直子、鈴木 勉:メチルフェニデートとメタンフェタミンの細胞毒性の分子機構 -その相違とメチルフェニデートの安全性-. 日本神経精神薬理学雑誌 , 29, 115-120 (2009) 査読無

 

  1. 武井大輔、成田 年、塩川 満、余宮きのみ、鈴木 勉: 嘔気・嘔吐の薬物療法. 日本緩和医療薬学雑誌, 2, 111-117 (2009) 査読有

 

  1. 葛巻 直子、成田 年新倉慶一、鈴木 勉:慢性疼痛と不安/睡眠障害:痛み刺激による脳内感作. 日本緩和医療薬学雑誌, 2, 33-37 (2009) 査読有

 

  1. 成田 年: 第 2 回日本緩和医療薬学会年会-緩和医療の更なる発展を目指して-. ペインクリニック, 30, 110-111 (2009)

 

  1. 今井哲司、成田 年、新倉慶一、葛巻直子、鈴木 勉: Ⅱ. 神経障害性疼痛に関する基礎研究 14) 鎮痛薬としてのケタミンの有用性: 基礎の立場から. ペインクリニック, 30, S7123-S7129 (2009)

 

  1. 新倉慶一、成田 年、鈴木 勉:神経障害性疼痛の治療 オピオイド -神経障害性疼痛に対するオピオイドの有効性のメカニズム-. Clinical Neuroscience 別冊, 27(5) 554-556 (2009)

 

  1. 成田 年、今井哲司、池上大悟、葛巻直子、鈴木 勉/「痛み」病態の統合的分子理解とこれからの「痛み研究」のベクトル : 慢性疼痛におけるエピジェネティクス制御. ペインクリニック, 30, 1211-1218(2009)

 

  1. 新倉慶一、 成田 年、 山下 哲、 新倉加奈、 葛巻直子、 鈴木 勉: 神経障害性疼痛の新しい知見. 緩和医療学, 11, 384-388 (2009)

 

  1. 成田 年、 葛巻直子、 新倉慶一、 井関雅子、 稲田英一、 鈴木勉: オピオイドトランスレーショナルリサーチの最前線: μ受容体の多様性と疼痛下でのオピオイド依存不形成機構. Anesthesia 21 Century, 11, 66-75 (2009)

 

  1. 成田 年、 池上大悟、 新倉慶一、 今井哲司、 葛巻直子、 鈴木 勉: エピジェネティクスの視点からみた薬物依存の新たな分子メカニズム. Medical Bio, 7, 18-23 (2009)

 

  1. 成田 年: 疼痛応答の統合的理解を目的とした疼痛モデルの応用. ファルマシア, 45, 1113-1117, (2009)

 

 

  1. Niikura K, Narita M, Butelmane E, Kreek MJ, Suzuki, T: Neuropathic and chronic pain stimuli downregulate central m-opioid and dopaminergic transmission. Trends in Pharmacological Sciences, 31, 299-305 (2010) 査読有

 

  1. Mizuno K, Narita M, Miyagawa K and Suzuki T: Effect of Prenatal and Neonatal Exposure to Bisphenol A on the Development of the Central Nervous System, Biomolecules & Therapeutics, 18, 125-134, (2010) 査読有

 

  1. 榎本達也、高田朋彦、月山 淑、鈴木 勉、成田 年、井関雅子:がん性疼痛に対する神経ブロックの役割. 日本緩和医療薬学会雑誌, 3, 67-72, (2010) 査読有

 

  1. 伊勢雄也、成田 年、鈴木 勉、宮田広樹、片山志郎、弦間昭彦:上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬 (EGFR-TKI) ゲフィチニブに関する最新の知見. 日本緩和医療薬学会雑誌, 3, 109-114, (2010) 査読有

 

  1. 荒川和彦、鳥越一宏、葛巻直子、鈴木 勉、成田 年:抗がん剤による末梢神経障害の特徴とその作用機序. 日本緩和医療薬学会雑誌 (2010) 査読有

 

  1. 今井哲司、 成田 年、 鈴木 勉: 側座核. 分子精神医学, 10, 54-58 (2010)

 

  1. 成田 年: 慢性痛の発生機序. A netâ Anesthesia Network, 14, 4-6 (2010)

 

  1. 今井哲司、成田 年、宮下和彦、葛巻直子、鈴木勉:アセトアミノフェンの鎮痛機序に関する最新のメカニズムの解釈. ペインクリニック, 31, 503-505 (2010)

 

  1. 今井哲司、成田 年、吉澤一巳、葛巻直子、鈴木勉:オキシコドンの薬理学から最新情報. がん患者と対症療法, 21, 15-21 (2010)

 

  1. 今井哲司、成田 年、池上大悟、田村理絵、佐伯麻衣、葛巻直子、鈴木 勉: 覚せい剤の依存性形成機序. 医薬ジャーナル, 46, 73-77 (2010)

 

  1. 吉澤一巳, 成田 , 今井哲司, 葛巻直子, 鈴木 : 慢性疼痛治療におけるオピオイド鎮痛薬の適正使用. 臨床整形外科, 46, 317-325 (2011)

 

  1. 吉澤一巳, 鳥越一宏, 鈴木 , 成田 : オピオイドの副作用とその対策. PROGRESS IN MEDICINE, 31, 33-42 (2011)

 

  1. 鳥越一宏, 吉澤一巳, 鈴木 , 成田 : 神経障害性疼痛の治療・対策. PROGRESS IN MEDICINE, 31, 71-75 (2011)

 

  1. Saisu H, Wajima K, Ikegami D, Sakai H, Narita M: Global understanding at molecular level of pain response: objective analysis of pain-induced distortion and pain signals. Masui. (2011)

 

  1. 荒川和彦, 釈永清志, 山崎光章, 成田 年: 新生児期における GABA 受容体の作用:痙攣との関係. 臨床麻酔, 35, 1357-1366 (2011)

 

  1. 鳥越一宏, 吉澤一巳, 成田 , 鈴木 : オピオイド鎮痛薬の薬物動態. 医薬ジャーナル, 47, 93-99 (2011)

 

  1. 成田 年: 「痛みの再認識の時代から, 一歩進んだ次代の‟疼痛治療/疼痛学”のプロローグを考える」ペインクリニック. 32, 1133-1134 (2011)

 

  1. 山下 哲、成田 年: 非視床性疼痛機構における慢性疼痛関連可塑性 -前帯状回-. Bone Joint Nerve, 2, 253-258 (2012)

 

  1. 高田朋彦, 山下 哲, 洪 景都, 尾堂公彦, 井関雅子, 稲田英一, 成田 年: NSAIDs の薬理:分類と特徴, ペインクリニック, 2, 174-186, (2012)

 

  1. 成田 年、山下 哲、釈永清志、山崎光章: 痛みの統合的理解と除痛の意義. 臨床麻酔誌, 36, 381-387 (2012).

 

  1. 西須大徳、山下 哲、葛巻直子、成田道子、落谷孝広、成田 年: 臨床・創薬が見えてきた microRNA「疼痛と神経疾患による脳内miRNA発現変動:中枢性疾患の診断基準としてのmiRNA」. メディカルドゥ遺伝子医学, 23, 116-120 (2012)

 

  1. 伊東久勝, 池上大悟, 酒井寛泰, 山崎光章, 成田 年:オキシコドンの今後の可能性 -基礎研究の観点から-, がん患者と対処療法, 23, 2012.

 

  1. 成田 年, 池上大悟, 山下 哲, 牛島俊和: 痛みの統合的理解. 日本神経精神薬理学雑誌, 32, 63-72 (2012)

 

 

  1. 池上大悟、成田 年:老化および脳高次機能疾患におけるエピジェネティクス制御,日本神経精神薬理学雑誌, 32, 275-280 (2012)

 

  1. 成田 年、伊達明利、池上大悟:慢性疼痛のエピジェネティクス:痛みによる細胞記憶, Practice of Pain Management, 3, 164-172, (2012)

 

  1. 葛巻直子, 成田 年: オピオイドの作用機序 臨床医のための正しいオピオイドの知識. Modern Physician, 32, 10-15 (2012)

 

  1. 成田 年, 池上大悟, 酒井寛泰: NSAIDs の薬理. Modern Physician, 32, 1307-1313 (2012)

 

  1. 高田朋彦、尾堂公彦、洪 景都、井関雅子、稲田英一、成田 年: NSAIDs製剤のトピックス(NSAIDsの新しい作用とその活用) Modern Physician, 32, 1383-1385 (2012)

 

  1. 成田 年: COX の役割と「COX-3 仮説」における矛盾:COX-3 は存在するのか? Modern Physician, 32, 1397-1400 (2012)

 

  1. 成田 年, 山下 哲: NSAIDS ならびにアセトアミノフェンの作用機序から考えるがん疼痛治療効果の有用性-薬剤選択の基準と使用の意義の再認識-. 薬局, 63, 40-48 (2012)

 

  1. 葛巻直子, 山水康平, 濱田祐輔, 長澤阿津実, 山下 潤, 成田 年: オピオイドが示す多彩な生理応答:血管新生やがん細胞増殖に及ぼす役割. ペインクリニック, 33, S251-S259 (2012)

 

  1. 酒井寛泰, 成田 年: 脊髄内オピオイドの生理学・薬理学的特徴. LISA, 19, 810-813 (2012)

 

  1. 成田 年, 山下 哲, 酒井寛泰, 仙波恵美子, 池上大悟: 痛みの細胞記憶とエピジェネティクス制御 Anesthesia, 21, 14, 40-47 (2012)

 

  1. Yamaguchi T, Narita M, Morita T, Kizawa Y, Matoba M.: Recent Developments in the Management of Cancer Pain in Japan: Education, Clinical Guidelines, and Basic Researches. Japanese Journal of Clinical Oncology, 42, 1120-1127 (2012)

 

  1. 山下 哲、成田 年: 痛覚と MAP キナーゼ. Clinical Neuroscience, 31, 676-678 (2013)

 

  1. 成田 年、池上大悟:痛みの細胞記憶と慢性疼痛, ペインクリニック, 33, 1259-1266 (2012)

 

  1. 池上大悟、伊達明利、鈴木 勉、成田 年, 疼痛下のモルヒネ依存・耐性不形成機構, Anet, 17, 28-32 (2013)

 

  1. 池上大悟, 山下 哲, 落谷孝広, 成田 年:疼痛における microRNA ならびにエクソソーム内の「分泌型 microRNA」の役割, 細胞工学, 32, 48-51, (2013)

 

  1. 成田 年:特集「除痛の正義を繙く:分子レベルからの科学的根拠」によせて, ペインクリニック, 34, 599-600 (2013)

 

  1. 成田 年、池上大悟:痛みによるエピジェネティクス細胞制御と早期除痛の本質的意義, ペインクリニック, 34, 601-610 (2013)

 

  1. 葛巻直子、成田 年:鎮痛薬による免疫応答の改善:分子レベルの解析から, ペインクリニック, 34, 641-647 (2013)

 

  1. 山水康平、成田 年、山下 潤:オピオイド鎮痛薬による血管新生阻害と抗がん作用, ペインクリニック, 34, 649-654 (2013)

 

  1. 成田 年、井関雅子、服部政治:鎮痛薬とは!? その理解と意義, 薬局, 64, 15-22 (2013)

 

  1. 葛巻直子, 須田雪明, 濱田祐輔, 仙波恵美子, 成田 年:神経障害性疼痛をはじめとした非がん性疼痛発現機序の統合的分子理解, 薬局, 64,30-62 (2013)

 

  1. 高田朋彦、洪 景都、尾堂公彦、成田 年:鎮痛薬の作用を理解するための薬理—主要な神経伝達物質とその受容体—, 薬局, 64,65-74 (2013)

 

  1. 西須大徳、山下 哲、池上大悟、中川種昭、和嶋浩一、成田 年:これから期待される鎮痛補助薬の開発, 薬局, 64,127-132 (2013)

 

  1. 山下 哲、濵田麻美、須原佑樹、成田 年:痛みによるエピジェネティクス修飾の理解と脳内ネットワーク異常応答のオプトジェネティクス解析, ペインクリニック, 34, 1078-1090 (2013)

 

  1. 成田 年, 濱田祐輔:μオピオイド受容体の多機能性とμオピオイドの分子薬理学的分類, ペインクリニック, 34, 1241-1251 (2013)

 

  1. 池上大悟、山下 哲、成田 年:緩和医療における精神医学の理解:疼痛下の脳内報酬系機能低下と疼痛の増悪化, 日本神経精神薬理学雑誌, 33, 199-204 (2013)

 

  1. 池上大悟、成田 年:様々なストレス要因により生じるエピジェネティック修飾, 精神神経学雑誌, 115, SS366-SS375 (2013)

 

  1. 鈴木雅美、川股知之、成田 年、上園保仁:がんの神経浸潤と痛みにおけるがん細胞と神経のクロストーク, ペインクリニック, 34, 625-631 (2013)

 

  1. 濱田祐輔、成田 年:基礎からみたオピオイドの差別化, 痛みのScience & Practice, 3, 245-248 (2013)

 

  1. 山下 哲、成田 年:慢性痛と睡眠障害, Anesthesia 21 century, 15, 3109-3113 (2014)

 

  1. 濱田祐輔、成田 年:メサドンの基礎ならびにμオピオイドの薬物特異的プロファイルの理解, 医学のあゆみ, 248, 453-457 (2014)

 

  1. 成田 年、濱田祐輔:慢性疼痛における miRNA ならびにエクソソームの役割;新規バイオマーカーとしての「分泌型 miRNA」解析の有用性, 日本抗加齢医学会雑誌, 10, 28-34 (2014)

 

  1. 山下 哲, 成田年: Optogenetics の痛み研究への応用, 脳21, 17, 155-60 (2014)

 

  1. 伊勢雄也, 片山志郎, 成田 年: 化学療法剤の薬物動態学と薬力学, Veterinary Oncology, 1, 131-140 (2014)

 

  1. 鳥越一宏, 成田 年: 化学療法剤の相互作用, Veterinary Oncology, 2, 130-137 (2014)

 

  1. 成田 年、濱田祐輔:医療用麻薬の分子薬理学的分類, 日本医師会雑誌, 143, S315 (2014)

 

  1. 酒井寛泰, 相良篤信, 成田 年: 麻薬を投与すると無呼吸が起こる機序とは, LISA, 21, 736-739 (2014)

 

  1. 濱田祐輔、成田 年: 疼痛治療における薬物相互作用の基礎知識,ペインクリニック, 35, S325-S336 (2014)

 

  1. 伊勢雄也、片山志郎、成田 年: 化学療法剤の薬剤耐性 , Veterinary Oncology, 1, pp-pp (2014)

 

  1. 鳥越一宏、成田 年: 化学療法剤の薬剤強度, Veterinary Oncology, 1, 134-139 (2014)

 

  1. Yamamizu K, Hamada Y, Narita M: k Opioid systems regulate angiogenesis in development and tumors. Br J Pharmacol, 172, 268-76 (2015)

 

  1. 伊勢雄也、片山志郎、成田 年: アルキル化剤, Veterinary Oncology, 2, pp-pp (2015)

 

  1. 伊勢雄也、片山志郎、成田 年: アルキル化剤 (ニトロソウレア系薬剤) , Veterinary Oncology, 2, 138-142 (2015)

 

  1. 伊勢雄也、片山志郎、松山冨貴子、成田 年: 微小管作用薬, Veterinary Oncology, 2, pp-pp (2015)

 

  1. 鳥越一宏、松山冨貴子、成田 年: 抗腫瘍性抗生物質, Veterinary Oncology, 2, 117-124 (2015)

 

  1. Descalzi G, Ikegami D, Ushijima T, Nestler EJ, Zachariou V, Narita M: Epigenetic mechanisms of chronic pain. Trends Neurosci, 38, 237-46 (2015)

 

  1. 成田 年、須田雪明: 痛みの難治化には、後天的遺伝子修飾 (エピジェネティクス) が関与するのか? 難治化への分岐点は? 痛みのScience & Practice, 8, 274-278 (2015)

 

  1. 成田 年、渡邉 萌、濱田祐輔、田村英紀、池上大悟、葛巻直子、五十嵐勝秀:痛みと情動障害:痛みの細胞記憶, 日本神経精神薬理学雑誌, 35, 89-95 (2015)

 

  1. 河田美穂、葛巻直子、成田 年:慢性疼痛におけるエピジェネティクス研究の最前線, 医学のあゆみ, 255, 677-682 (2015)

 

  1. 伊勢雄也、片山志郎、松山富貴子、成田 年:白金製剤, Veterinary Oncology, 3, 116-122 (2016)

 

  1. 鳥越一宏、松山富貴子、成田 年:代謝拮抗剤・酵素剤, Veterinary Oncology, 3, 132-139 (2016)

 

  1. 伊勢雄也、片山志郎、松山富貴子、成田 年:分子標的薬, Veterinary Oncology, 3, 134-141 (2016)

 

  1. 鳥越一宏、松山富貴子、成田 年:ホルモン療法・免疫療法, Veterinary Oncology, 3, 104-111 (2016)

 

  1. 葛巻直子、成田道子、池上大悟、成田 年:次世代型“包括的がん緩和医療”への取り組み―抗がん剤による耐性獲得及びがん増悪化の分子理解, YAKUGAKU ZASSHI, 136, 699-703 (2016)

 

  1. 成田 年、山下 哲、芝崎真裕、葛巻直子:痛みと睡眠障害, Practice of Pain Management, 7, 20-24 (2016)

 

  1. 成田 年、五十嵐勝秀、田村英紀、成田道子、葛巻直子、田中隆治:痛みの記憶とエピジェネティクス, Locomotive Pain frontier, 5, 14-22 (2016)

 

  1. 成田 年:慢性疼痛におけるエピジェネティクス機構の理解, 最新医学, 71, 1006-1011 (2016)

 

  1. 濱田祐輔、山下 哲、田村英紀、成田道子、葛巻直子、成田 年:慢性疼痛に伴う睡眠/情動障害における前帯状回アストロサイトの機能的役割:オプトジェネティクス法に従ったアストロサイトの人為的制御による解析, 日本薬理学雑誌, 148, 128-133 (2016)

 

  1. 芝崎真裕、古谷絵茉里、成田 年: Glia と薬物依存, 脳21, 19, 27-31 (2016)

 

  1. 渡邉 萌、成田 年: 疾患オンセル/シングルセル解析とその制御, 脳21, 19, 89-92 (2016)

 

  1. 五十嵐勝秀、大塚(出田)まき、成田 年:エピジェネティック毒性研究の現状と今後の展開, YAKUGAKU ZASSHI, 137, 265-271 (2017)

 

  1. 河田美穂、葛巻直子、鈴木 勉、芝崎真裕、森 友久、成田 年: オピオイド鎮痛薬の依存・疼痛下での依存性, ペインクリニック, 38, S117-S126 (2017)

 

  1. 濱田祐輔、葛巻直子、五十嵐勝秀、成田 年: µ オピオイド受容体の発現変動におけるエピジェネティクス転写制御機構, ペインクリニック, 38, S175-S183 (2017)

 

  1. 若泉謙太、近藤貴茂、濱田祐輔、成田 年: 特異的神経制御研究が照らし出す運動療法の未来:脳内報酬ドパミン系神経ネットワークの重要性, ペインクリニック, 38, 580-589 (2017)

 

 

 

Back

 

Back to Top