氏名 成田 年

役職 センター長 主任教授

E-mail: narita[アットマーク]hoshi.ac.jp ([アットマーク]を@に直して下さい)

Office: 星薬科大学 新星館6階


 学歴および取得免許

1982年3月都立日比谷高等学校卒業

1988年3月星薬科大学薬学部、薬学士取得

1993年3月星薬科大学大学院薬学研究科博士課程修了、薬理学教室、薬学博士取得

1993年4月University of Mississippi Medical Center (Jackson MS, USA), Dept. of Pharmacology & Toxicology, Postdoctoral fellow

1994年7月Medical College of Wisconsin (Milwaukee, WI, USA), Dept. of Anesthesiology, Research Associate

1996年7月Medical College of Wisconsin (Milwaukee, WI, USA), Dept. of Anesthesiology, Assistant Professor

1999年7月星薬科大学、薬品毒性学教室、講師

2002年10月Medical College of Wisconsin (Milwaukee, WI, USA), Dept. of

Anesthesiology、Adjunct Professor

2003年4月星薬科大学、薬品毒性学教室、助教授/准教授

2008年4月東京大学大学院薬学系研究科、薬品作用学教室、非常勤講師

          (2009 年 3 月まで)

          長崎大学大学院医学系研究科、展開医療科学講座、精神神経学教室、非常勤講師

2011年4月星薬科大学、薬理学教室、教授に就任

2013年4月 順天堂大学医学部附属病院、麻酔科学・ペインクリニック講座 客員教授

                放送大学、非常勤講師

                東京大学農学部、非常勤講師

2014年4月 先端生命科学研究センター(Life Science Tokyo Advanced Research Center; L-StaR) センター長

2016年4月 慶應義塾大学医学部麻酔学教室、非常勤講師

-現職-

星薬科大学薬理学教室、教授ならびに先端生命科学研究センター(L-StaR)、センター長として常勤

兼任:  1. 順天堂大学医学部附属病院、麻酔科学・ペインクリニック講座 客員教授

2. 富山大医学部、麻酔科学講座、非常勤講師

3. 長崎大学大学院医歯薬総合研究科、展開医療科学講座、精神神経学教室、

 非常勤講師

4. 慶應義塾大学医学部麻酔学教室、非常勤講師

学会活動等

○ 独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター研究員

○ 農林水産省農林水産・食品分野と異分野連携に関わる研究戦略検討会検討委員会委員

○ 国際麻薬研究協議会 (INRC) アジア・オセアニア諸国代表理事(2007-2009) ローカル

   オーガナイズコミッティーメンバー(2013,2014)

○ 日本緩和医療薬学会副代表理事・編集委員会委員長

○ 日本疼痛学会理事

   日本薬理学会評議員

   日本精神神経薬理学会評議員

   日本アルコール薬物医学会評議員

   日本ペインクリニック学会評議員

   オピオイドペプチドシンポジウム世話人

   日本薬剤師会専門薬剤師認定制度委員会がん専門薬剤師部門委員(2008)

○ 慶應医学賞審査員

○ 公益財団法人ロッテ財団研究者育成助成(ロッテ重光学術賞)審査員

         Society for Neuroscience (SFN) 会員

           International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 会員、

           International Association for the Study of Pain (IASP) 会員、

         日本神経科学会会員

         日本癌学会会員

         日本分子生物学会会員

         日本再生医療学会会員

         日本薬学会会員       

研究業績 (個々のリストは別紙にて参照)

論文等執筆総数 (総説および著書を含む) 471 編(2016525日現在)

賞罰

2002 星薬科大学大谷賞

2002 日本神経精神薬理学会学術賞

2003 The 1st Pfizer Science and Research Symposium Award.

2006 国際アルコール医学会 Travel Award

研究内容

1.疼痛発現機構の多次元的解析と緩和医療薬学

2.精神疾患や神経内科疾患における脳エピジェネティクス網羅解析

3.画像解析に根ざした脳高次機能の神経機能解剖学的アプローチ

4.グリア細胞研究を基軸とした神経免疫応答の解析

5.疾患 iPS 細胞および ES 細胞の幹細胞分化機構ならびに神経再生機構の解明

6.抗がん剤耐性機構やがん細胞浸潤の機序解明

科学学会誌掲載論文(原著)276 編

総説論文 165 編

著書 38 編

Back to Top