研究組織
研究代表者:鎌田勝雄(平成19年度〜22年度)
      辻 勉 (平成23年度)

班員(名前をクリックしますと、各研究者の履歴、主な研究内容、代表的な論文(10報)が記述されています。なお、2007年以降の各年度毎の研究業績は活動状況をご覧ください。)
所属・職 研究者名 研究課題
機能形態学・教授 鎌田勝雄 糖尿病網膜症における血管新生評価法の確立
微生物学・教授 辻 勉 腫瘍組織に浸潤する間質細胞の活性化と血管新生促進作用
生薬学・教授 森田博史 伝承薬用植物資源を素材とする新規制がん性リード化合物の探索と開発
創剤構築学・教授 米谷芳枝 癌新生血管標的脂質微粒子製剤の開発及び抗癌治療薬の評価
病態機能制御学・教授 高橋典子 核内受容体を介さないレチノイン酸作用機構の解析と血管新生関連疾病への応用
有機合成化学・教授 東山公男 サリドマイドをリード化合物とする血管新生抑制剤の開発
生体分子有機化学・教授 津吹政可 生理活性天然物を指標とする創薬並びに合成研究
薬化学・准教授 細江智夫 真菌より得られる新規免疫賦活作用物質の探索
有機合成化学・准教授 山内貴靖 サリドマイドをリード化合物とする血管新生抑制剤の開発
機能形態学・准教授 小林恒雄 糖尿病網膜症における血管内皮細胞の病態と新規遺伝子探索
創剤構築学・准教授 服部喜之 癌新生血管標的脂質微粒子製剤の開発及び抗癌治療薬の評価
班友
所属 研究者名 研究課題
薬品製造化学・教授 本多利雄 生理活性天然物の合成研究
薬化学・教授 河合賢一 真菌より得られる新規免疫賦活作用物質の探索