研究業績&学会受賞

論文リスト

論文等の業績は、メンバーの各スタッフ名にあるリンク先を参照ください.

学会賞受賞

2022年

  • 日本コンピュータ化学会吉田賞(論文賞)
    社会人大学院3年 半田 千彰 様
    演題名:化合物のAmes予測におけるGraph Convolutional Networkの特徴評価
  • 日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ
    修士2年 佐々木 香純 さん

2021年

  • 第38回製剤と粒子設計シンポジウム ベストプレゼン賞
    修士2年 佐藤 佑悟 君
    演題名:分子シミュレーションを用いた固体分散体の薬物-添加剤間相互作用解析に基づく処方設計
  • CBI学会2021年大会 ポスター賞
    博士2年 半田 佑磨 君
    演題名:Dynamic FMO analysis for RNA sequence specificity in inhibitor recognition of translation initiation factor complex
    薬学科4年 今廣 太郎 君
    演題名:Interaction Analysis of GPCR in the Presence of Lipid Bilayer Using Fragment Molecular Orbital (FMO) Method
  • 第65回日本薬学会 関東支部大会 優秀ポスター発表賞
    薬学科4年 今廣 太郎 君
    演題名:フラグメント分子軌道法によるGPCRと脂質二重膜の相互作用解析
    薬学科4年 藤田 京子 さん
    演題名:カルベジロール・エナラプリルマレイン酸塩からなる新規分子複合体形成の基礎的検討
  • 日本薬剤学会第36年会最優秀発表者賞
    修士2年 佐藤 佑悟 君
    演題名: 散逸分子動力学法を用いた非晶質固体分散体中のカルバマゼピンとポリマーの混和性評価
  • 日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ
    修士2年 佐藤 佑悟 君
  • 日本薬学会 第141年会 優秀発表賞(口頭)
    修士2年 佐藤 佑悟 君
    演題名:分子動力学法および散逸粒子動力学法を用いたカルバマゼピン/ポリビニルピロリドン固体分散体の分子状態解析

2020年

  • 第64回日本薬学会 関東支部大会 優秀口頭発表賞
    修士1年 佐藤 佑悟 君
    演題名:分子動力学法およびフラグメント分子軌道法によるカルバマゼピン/PVP固体分散体の安定性に水が与える影響の検討
  • 第64回日本薬学会 関東支部大会 参加者相互推薦型優秀口頭発表賞
    博士1年 半田 佑磨 君
    演題名:フラグメント分子軌道法による動的相互作用解析を用いたSARS-CoV-2メインプロテアーゼと既存薬との結合性予測
  • 第64回日本薬学会 関東支部大会 参加者参加者相互推薦型優秀ポスター発表賞
    薬学科5年 山本 亜美 さん
    演題名:COVID-19関連タンパク質の量子化学計算のFMODBへの登録
    薬学科4年 小宮 愛里沙 さん
    演題名:動的FMO解析によるエストロゲン受容体とイソフラボンの結合性評価

2019年

  • 日本コンピュータ化学会 春季年会2019精選論文
    薬学科6年 坂田 千夏 さん
    論文題目:実験と計算によるイルソグラジン-マレイン酸の結晶構造の予測
    著者:坂田千夏、岡本有史、梅田大貴、古石誉之、福澤薫、米持悦生
    Journal of Computer Chemistry, Japan,18(3), 156-158 (2019)
  • JSOL CAEフォーラム2019 ポスターアワード 材料部門アワード
    創薬4年 西田 瑠花 さん
    FMO-DPD 法による脂質二重膜形成におけるコレステロールの影響の検討
  • 製剤機械技術学会第29回大会 最優秀ポスター賞
    修士1年 石川 我汰 君
    演題名:新規造粒技術 Green Fluidized Bed Granulation (GFBG) における製造性および物性評価
  • 第25回創剤フォーラム若手研究会 Best Poster Presentation Award
    修士2年 田口 沙良 さん
    演題名:半固形製剤用基剤の開発を企図した医薬品添加剤からなるイオン液体の応用
  • 第63回日本薬学会 関東支部大会ポスター優秀発表賞
    薬学科4年 平井 優樹 君
    演題名:フラグメント分子軌道法を用いたJAK1選択的阻害剤の結合性解析
  • 新製剤技術とエンジニアリングを考える会・第17回技術講演会 若手研究者育成事業
    修士2年 角田 陽祐 君
    演題名:錠剤結合剤としてのクエン酸およびメグルミンの最適添加量の検討
  • 日本薬剤学会 第34年会 最優秀発表賞
    修士2年 梅田 大貴 君
    演題名:量子化学計算からみたベネキサート塩結晶に関する分子パッキングの理解
  • 日本薬学会 第139年会 優秀発表賞(ポスター)
    修士1年 梅田 大貴 君
    演題名:多形をもつベネキサート塩結晶の結晶構造と計算科学による安定性評価

2018年

  • 第62回日本薬学会関東支部大会優秀ポスター発表賞
    創薬学科4年 石川 我汰 君
    演題名:Moisture activated dry granulationにおける水分状態評価の重要性
  • 新製剤技術とエンジニアリングを考える会・第16回技術講演会 若手研究者育成事業
    修士2年畠 菜々望さん
    演題名:カルボン酸類を用いたカルベジロールのCoamorphous化による物性改善
    修士2年 照屋 慶太 君
    演題名:フロースルーセル溶出試験法における溶出率の変動要因解明-試験液の脱気と製剤の崩壊性について-
  • 日本薬剤学会第33年会最優秀発表者賞
    修士2年 照屋 慶太 君
    演題名:フロースルーセル溶出試験法における錠剤崩壊後の粒子浮遊が溶出性へ及ぼす影響の解明
  • 日本薬学会 第138年会 優秀発表賞(口頭)
    創薬学科4年 梅田 大貴 君
    演題名:Desloratadineの多成分結晶化による打錠特性の改善

2017年

  • 日本薬剤学会第32年会最優秀発表者賞
    Postdoctoral Researcher Dr. Okky Dwichandra Putra
    演題名:Understanding Physicochemical Differences Induced by Solid-state Dehydration and Polymorphic Transformation in Ciprofloxacin HCl
  • 第61回日本薬学会関東支部大会優秀口頭発表賞
    創薬学科4年 梅田 大貴 君
    演題名:双性イオンを用いたEpalrestatの共結晶化と光安定性の改善

2016年

  • 4th Conference of the Asian Crystallographic Association, Best Poster Award
    創薬学科3年 梅田 大貴 君
    演題名:Structural Characterizations and Physicochemical Evaluations of Pharmaceutical Co-crystal Epalrestat-Caffeine

2015年

  • 第59回日本薬学会関東支部大会優秀ポスター発表賞の受賞
    薬学科5年 田嶋 沙也佳 さん
    演題名:計算化学を用いたCyclomaltononaose(δ-CD)とコール酸類縁化合物との相互作用の解析

TEL:03-5498-5159

E-mail:bukka_admin[at]hoshi.ac.jp

Copyright © 薬品物理化学研究室
トップへ戻るボタン