<< HoshiMail利用手引き >>

 本学では、学生及び教職員に「〇〇〇〇@hoshi.ac.jp」というメールアドレスを発給しています。このメールサービスのことを、「HoshiMail」と呼びます。「HoshiMail」はGoogle社が提供する教育機関向けサービス(G Suite?)を利用したメールシステムで、学内・学外を問わず、パソコンやスマートフォン、タブレットから利用できます。
 大学から、大切なお知らせをHoshiMailで送りますので、必ずパソコン、スマートフォン等で利用できるように設定しておいてください。

○ マニュアル
   スマートフォンで使う
   PCやタブレット、スマフォのWebブラウザ*1で使う
   PCのメールソフト*2で使う
    *1:Internet Explorer、Edge、Chrome、Safari等
    *2:OutLook、Thunderbird、Becky等

○ QA集
  QA集へのリンク>>


○ HoshiMailアカウントについて
 HoshiMailアカウントとは、個人を識別するための情報である「ユーザID」と個人のプライバシーを守るための情報である「パスワード」を総称したもので、入学時に配布しています。HoshiNetのアカウントとユーザ名は同じですが、パスワードは連動していません。

○ 安全なパスワード管理について
 自分のHoshiNetアカウントを不正に利用されないようにするには、以下の点を考慮して他人に推測されにくい強固なパスワードを作成し、それを他人の目に触れないよう適切な方法で保管することが大切です。

  【強固なパスワードのヒント】
    ・ユーザIDそのものや、ユーザIDを含む文字列を使わない
    ・名前や生年月日など個人情報から類推しやすいものは使わない
    ・他のサービス(SNS等)と同じパスワードを使わない
    ・同じ文字の連続、安易な組み合わせは使わない
  下記サイトも併せて参考にしてください。

  【参考サイト】
    ・Google「強力なパスワードの作成」
    ・情報処理推進機構「ちょっとした工夫でパスワードの使い回しを回避」
    ・総務省「国民のための情報セキュリティサイト」


○ 禁止事項
 次のような行為を行った場合はアカウントを削除するとともに、本学規定に沿って対処します。
   ・電気通信事業法、不正アクセス禁止法、個人情報保護法、をはじめとする法律に違反する行為
   ・娯楽目的の利用
   ・他のユーザに迷惑をかける行為
   ・動画など大容量通信の送受信によりHoshiNetの円滑な運用に支障をきたす行為


○ 問い合せ
  管財部 情報システム室まで