博士課程における専攻の設置について


 平成18年4月からの学部における新薬学教育制度(薬剤師養成のための教育の6年制化)の開始により、本学では、薬剤師の養成を目指す『薬学科』(6年制)と薬学を基礎として生命・健康を科学し、創薬研究・開発に携わる人材の育成を目指す『創薬科学科』(4年制)を設置しました。
 また、星薬科大学大学院薬学研究科では、『創薬科学科』が学部教育最終年を迎える平成22年に『創薬科学科』の理念をさらに発展させるべく、修士課程に新たな専攻である『総合薬科学専攻』を設置し、平成24年には『薬学科』(6年制)と『総合薬科学専攻』修士課程がそれぞれ完成年度を迎えるにあたり、『薬学専攻』博士課程(4年制)と『総合薬科学専攻』博士課程(博士後期課程:3年制)の設置届出を行いました。(これにより、従来の「薬学専攻」と「医療薬科学専攻」の博士課程の募集は停止としました。)

 『薬学専攻』博士課程では、医療の現場における臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした教育・研究を行い、臨床薬学・医療薬学研究者や専門薬剤師など高度な職能を持つ人材を育成するとともに、学部教育において臨床に係る実践的な能力を培った者に対し、先進的な基礎薬学に重点を置いた教育・研究を施し、高度の研究能力と豊かな学識を有した研究者・教育者を育成を目的としています。
 『総合薬科学専攻』博士課程(博士後期課程)では、薬学領域を中心とする大学の教員・研究者、製薬企業等の研究開発担当者、薬学・医療領域で活躍できる公務員等の人材の育成を目的としています。



設置に係る設置計画履行状況について

  設置計画履行状況等調査(AC:アフターケア)に基づき、『薬学専攻』(博士課程)の報告書を掲載します。

 設置に係る設置計画履行状況報告書(平成27年5月1日)