教育理念・目的
 薬学の果たす社会的役割がますます広く、かつ重要になる中で、医療現場では高度な専門教育を修めた人材が強く求められています。
 本学ではこうしたニーズに対応するため、より高度な研究能力と豊かな学識を養うことを目的に、大学院薬学研究科に修士課程(博士課程前期)と博士課程(博士課程後期)を設置し、教育と研究の一貫した制度を確立して、確かな専門知識と高度な研究能力を備えた人材の育成に努めています。

 修士課程(博士前期課程)においては、基礎となる学部教育の変更に合わせて従来までの薬学専攻・医療薬科学専攻の募集を停止し、新たに総合薬科学専攻を設置しました。
 総合薬科学専攻は薬の創製、生体との相互作用から適正使用までのすべての薬学領域で活躍する研究者・開発者として必要とされる研究能力を目的としています。

 博士課程(博士後期課程)においては、基礎となる学科(専攻)の教育や研究を継続し、自分の専門分野について研究者として自立して研究活動を行い、専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としています。
 薬学専攻博士課程(4年制)は主に薬剤師資格を有する者に対し、医療の現場における臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした教育・研究を行い、臨床薬学・医療薬学研究者や専門薬剤師など高度な職能を持つ人材、もしくは学部教育において臨床に係る実践的な能力を培った者に対し、先進的な薬学領域に重点を置いた教育・研究を施し、高度の研究能力と豊かな学識を有した研究者・教育者の育成に努めています。
 また、総合薬科学専攻博士課程(博士後期課程:3年制)は、薬学領域を中心とする大学の教員・研究者、製薬企業等の研究開発担当者、薬学・医療領域で活躍できる公務員等の人材の育成に努めています。

 いずれの専攻においても大学院生は各研究分野に所属し、それぞれ設定されてテーマを選んで、自ら専門分野に対する知識を深めるとともに、薬学全般における学識をさらに深めていきます。



【教育方針】
 本研究科では、教育における3つの方針〔「入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」、「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」〕を定めて教育を行っています。


星薬科大学大学院 〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41  星薬科大学 教務部 TEL 03 (5498) 5816・5817
Copyright© Hoshi University. All Rights Reserved.