本文へスキップ

TEL. 03-5498-5196, 5197

〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41

共同機器利用RESERVATION

共同利用機器予約 

機器センターの装置のうち以下のについては、事前に大学サーバーから利用予約して利用して下さい。
機器利用予約マニュアル(2014.2)


また、利用に際しては各装置の利用規程に従ってください。一部の装置については以下から閲覧できます。それ以外は管理補佐に問い合わせてください。

核磁気共鳴装置 [JMN-ECA600II] 利用規程(2015.10), ECA600II依頼書.pdf

DNA
シーケンサー[AB 3130]

リアルタイムPCR [StepOne]

飛行時間型質量分析装置 [AXIMA-CFRplus]

飛行時間型質量分析装置 [AXIMA-QIT]

飛行時間型質量分析装置 [JMS-T100LP]利用規定 (2014.9)

磁場型質量分析装置 [JMS-700] 利用規定(2014.9)

共焦点レーザー顕微鏡 [FV-1200] 利用規定(2013.8)

分子間相互作用解析装置 [Biacore T200] 利用規程(2014.5)

等温滴定型微小熱量計 [MicroCal iTC200] 利用規程(2014.5)

イオンクロマトグラフ [ICS-5000+] 利用規程(2014.5)

テラヘルツイメージングシステム [TAS7500IM]テラヘルツ利用規定

核磁気共鳴装置 [AVV 400]
使用規定 (2012.7) 当番表(2012.8) シム調製法 集計マニュアル(2012.10)

超遠心分離機 [himac CS 120GSL]

質量分析装置 [LC-MS 2010EV]LCMS-2010EV利用規程

核磁気共鳴装置 [Varian 400WB]

各装置ごとの利用方法規則に変更はありません。これまで同様にルールを守って利用して下さい。

悪質な、予約・変更・キャンセルの繰り返しが、発見された場合、予約者の所属教室・研究室は共同利用機器を利用できなくなります。

共同利用機器付属PCのウイルス感染対策について 


原則として、共同利用機器に接続するUSBメモリは、事前に最新のウイルス定義でスキャンして感染していないことを確認して下さい。機器センター新星館地下、生体分子解析室にチェック用のパソコンを用意してありますのでご利用ください。

また、機器センターではウイルスを検出・隔離・駆除できるUSBタイプの対策ソフトを準備してあります(英語版および日本語版)。共同利用機器でウイルス感染が疑われる場合や定期的なチェックにもお使いいただけます。
ウイルススキャン前に定義の更新が必要ですので、利用を希望される方は、機器センターまでご連絡ください。

バナースペース

星薬科大学 機器センター

〒142-8501
東京都品川区荏原2-4-41

TEL 03-5498-5196, 5197
FAX 03-5498-5034