2012年 業績 (2013/11/18 現在)


《原著論文 : Original Papers》


第 55 号紀要原稿 (薬品毒性学教室)

1.原著論文

1.KAZUHIRO, T., NAKAHARA, K., RAHMADI, M., YOSHIZAWA, K., HORIUCHI, H., HIRAYAMA, S., SATOSHI, I., KUZUMAKI, N., ITOH, T., YAMASHITA, A., SHAKUNAGA, K., YAMASAKI, M., NAGASE, H., MATOBA, M., SUZUKI, T.: Usefulness of Olanzapine as an Adjunct to Opioid Treatment and for the Treatment of Neuropathic Pain. Anesthesiology 116(1), 159-169 (2012)

2.TORIGOE, K., MORI, T., SHIBASAKI, M., YOSHIZAWA, K., NARITA, M., SUZUKI, T.: Olanzapine Suppresses the Rewarding and Discriminative Stimulus Effects Induced by Morphine. Synapse, 66(2), 174-179 (2012)

3.MORI, T., YOSHIZAWA, K., NOMURA, M., ISOTANI, K., TORIGOE, K., TSUKIYAMA, Y., NARITA, M., SUZUKI, T.: Sigma-1 receptor function is critical for both the discriminative stimulus and aversive effects of the kappa-opioid receptor agonist U-50488H. Addict Biol., 17(4), 717-724 (2012)

4.SHIBASAKI, M., KUROKAWA, K., MIZUNO, K., SUZUKI, T., OHKUMA, S., Actin dynamics in development of behavioral sensitization after withdrawal from long-term ethanol administration to mice. Alcohol Clin Exp Res 36(8), 1385-1396 (2012)

5.MORI, T., RAHMADI, M., YOSHIZAWA, K., SHIBASAKI, M., ITO, T., SHIBASAKI, M., SUZUKI, T.:  Inhibitory effects of SA4053 on the rewarding effects of abused drugs. Addiction Biology  (in press)

6.MORI, T., SHIMIZU, N., SHIBASAKI, M., SUZUKI, T.: Involvement of the Arachidonic Acid Cascade in the Hypersusceptibility to Pentylenetetrazole-Induced Seizure during Diazepam Withdrawal. Biol. Pharm. Bull. , 35(12), 2243-2246 (2012)

7.MORI, T., SHIBASAKI, M., ABE, M., UDAGAWA, Y., SUZUKI, T.: Effects of dronabinol on morphine-Induced dopamine-related behavioral effects in animals. Synapse, 66(11): 931-937 (2012)

8.ISE, Y., MORI, T., KATAYAMA, S., NAGASE, H., SUZUKI, T.: Rewarding effects of ethanol combined with low doses of morphine through dopamine D1 receptors. J Nippon Med Sch. (in press)

9.YOSHIZAWA, K., NARITA, M., MORI, T., ISOTANI, K., SUZUKI, T.: Role of dopamine D2 and D3 receptors in mediating the U-50,488H discriminative cue: Comparison with methamphetamine and cocaine. Addict Biol. 17, 949- 955 (2012)

10.KUZUMAKI, N., SUZUKI, A., NARITA, M., HOSOYA, T., NAGASAWA, M., IMAI, S., YAMAMIZU, K., MORITA, H., SUZUKI, T., OKADA, Y., HIROTAKA J. O., YAMASHITA J. K., OKANO H., NARITA, M.: Multiple Analyses of G-Protein Coupled receptor (GPCR) Expression in the Development of Gefitinib-Resistance in Transforming Non-Small-Cell Lung Cancer. PLOS ONE 7(10), e44368 (2012) 

11.MORI, T., YOSHIZAWA, K., MASAHIRO, S., SUZUKI, T.: Physiological functions of sigma-1 receptors and its relation to psychic dependence. Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence 47(6), 276-286 (2012)


2.総説

1.森友久, 鈴木勉: A. オピオイドとは何か1. オピオピドについて. ペインクリニック 33, s231-s238 (2012)

2.芝﨑真裕: コカインは持続的な興奮性伝達亢進を起こして精神依存を形成する ファルマシア 48(7), 685 (2012)

3.MORI, T., YOSHIZAWA, K., MASAHIRO, S., SUZUKI, T.: Discriminative stimulus effects of hallucinogenic drugs: a possible relation to reinforcing and aversive effects. J Pharmacol. Sci., 120(2), 70-76 (2012)

4.鈴木勉: オピオイド鎮痛薬のやくりがくNo.6 Pharma Tribune 4 (2) (2012)

5.芝﨑真裕, 森友久, 鈴木勉: オピオイドと GABA 作動性ニューロン. Clinical Neuroscience. 30, 12 (2012)



3.学会

第 21 回神経行動薬理若手研究者の集い

2012 年 3 月 13 日, 京都

Lipopolysaccharides(LPS)によるミクログリアの活性化が methamphetamine  誘発報酬効果に及ぼす影響


増川太輝, 芝﨑真裕,秋田由花子,三竹真里子,森友久,鈴木勉

第 85 回 日本薬理学会年会

2012 年 3 月 14-16 日, 京都

Benzodiazepine 系薬物による中脳辺縁系の potassium chloride cotransporter2 (KCC2)の変化を介した morphine 誘発自発運動促進作用への影響

増川太輝,芝崎真裕,森友久,石井一典,斉藤佑輔,山岸ゆい,鈴木勉


癌性腹膜炎疼痛モデルマウスの脊髄後根神経節におけるμ−opioid受容体およびサブスタンスPの発現変化

芦川真帆, 鈴木雅美, 成田年, 長谷川, 実奈美, 鈴木勉, 的場元弘,佐々木博己, 上園保仁


カンナビノイド受容体作動薬のモルヒネ誘発精神依存および側坐核におけるドパミン遊離に対する影響.

佐伯朋哉 1,芝﨑真裕 1,森友久 1,阿部美奈子 1,宇田川雄也 1,上園保仁 2,的場元弘 2,鈴木勉 1

1 星薬大, 2 国立がんセ)


アルコール慢性処置に対するモルヒネの報酬効果と鎮痛効果の影響

露木智久,芝﨑真裕,武田弘太郎,森友久,鈴木勉


Morphine とカンナビノイド受容体作動薬の併用による鎮痛耐性.

春宮昌人,森友久,米山博士,芝﨑真裕,鈴木勉


第 132 回  日本薬学会年会

2012 年 3 月 28-31 日, 札幌

Benzodiazepine 系薬物の慢性処置による mGluR5 が dopamine 神経系の応答に及ぼす影響

増川太輝,芝﨑真裕,森友久,石井一典,斉藤祐輔,山岸ゆい,鈴木勉


ブプロピオンのマウス逆耐性形成能に関する検討

小川優樹,森友久,外園真由奈,鵜澤直生,芝﨑真裕,鈴木勉


オレキシン欠損マウスにおけるセロトニン神経活性化による自発運動量亢進および精神依存

西脇瑞紀, 森友久, 増川太輝, 鵜沢直生, 芝崎真裕, 鈴木勉


Morphine 誘発嘔気・嘔吐および便秘に対するpirenzepineの有用性

堀之内藍, 森友久, 鳥越一宏, 石黒太造, 宇田川雄也, 芝﨑真裕, 鈴木 勉


Methamphetamine誘発報酬効果に対するlipopolysaccharidesの抑制作用における免疫応答の関与

三竹真里子, 芝﨑真裕, 秋田由花子, 増川太輝, 森友久, 鈴木 勉


74th Annual Meeting-College on Problems of Drug Dependence

2012 年 6 月 9-14 日, Califolnia

Effects of chronic treatment with alcohol on the morphine-induced rewarding effects.74th Annual Meeting-College on Problems of Drug Dependence

芝﨑真裕, 露木智久, 武田弘太郎, 森友久, 鈴木勉


Evaluation of the bupropion-induced sensitization to the locomotor activity in mice

小川優樹,森友久,外園真由奈,鵜澤直生,芝﨑真裕,鈴木勉


Effect of benzodiazepines on morphine-induced hyperlocomotion accompanied by the changes of KCC2 in the nucleus accumbens

増川太輝, 芝﨑真裕, 森友久, 石井一典, 齋藤佑輔, 山岸ゆい, 鈴木勉


第 17 回 日本緩和医療学会学術大会

2012 年 6 月 22-23 日, 神戸

数種オピオイド鎮痛薬の徐放性懸濁剤投与による身体依存の検討

青木紫陽, 森友久, 鵜澤直生, 芝﨑真裕, 鈴木勉


日本ペインクリニック学会 第 46 回大会

2012 年7 月6 日, 島根

オピオイド: 基礎研究から臨床へ

鈴木勉    


第 126 回 関東薬理学会

2012 年 7月 14 日, 東京

薬物依存の研究(第 465 報)k オピオイド受容体作動薬U-50, 488Hの弁別刺激効果における dopamine D2 受容体 signal cascade の影響

上野碧美, 森友久, 吉澤一巳, 西脇瑞紀, 芝﨑真裕, 成田年, 鈴木 勉


Involvement of sigma 1 receptor on the effects of SSRI on methamphetamine-induced behavioral sensitization and rewarding effects in mice

Mahardian Rahmadi, Tomohisa Mori, Masahiro Shibasaki, Tsutomu Suzuki



16th Congress of International Society for Biomedical research on Alcoholism

2012 年 9 月 9-12 日, 札幌

INFLUENCE OF CHRONIC TREATMENT OF ZOLPIDEM ON ACTIVATION OF DOPAMINERGIC SYSTEM IN NUCULEUS ACCUMBENCE

D. Masukawa, M. Shibasaki, T. Mori, K. Ishii, Y. Yamagishi, T. Suzuki


CHRONIC ETHANOL TREATMENT ALTERS MORPHINE-INDUCED REWARDING EFFECT THROUGH MOR RECEPTOR- MEDIATED FUNCTIONAL CHANGES

T. Tsuyuki, M. Shibasaki, K. Takeda, T. Mori, T. Suzuki



第 6 回 日本緩和医療薬学会年会

2012 年 10 月 6-7 日, 神戸

Morphine 誘発大腸輸送能低下作用における中脳神経系の関与

増川太輝, 芝﨑真裕, 横田智美, 高橋友里, 松本健次郎, 森友久, 堀江俊治, 鈴木勉


第22回日本臨床精神神経薬理学会 第42回日本神経精神薬理学会,

2012 年 10 月 18-20 日, 栃木

モルヒネ依存と機能性タンパク

森友久, 芝﨑真裕, 成田年, 鈴木勉


オキシコドンとモルヒネの脳内における鎮痛作用発現メカニズムの違い

小野ひろ子, 中邨篤史, 藤田真栄, 本郷良泳, 蒲原智恵, 小川公一, 森岡靖英, 西依淳, 芝﨑真裕, 森友久, 鈴木勉, 阪口岳, 長谷川稔


ミトコンドリアにおける sigma 1 受容体による細胞保護機構の解明Cytoprotective effect of sigma 1 receptor chaperone at mitochondria

真柄詩織, 森友久, Teruo Hayashi, Tsung-Ping Su, 鈴木勉


第127 回日本薬理学会関東部会

2012 年 10 月20 日, 東京

アルコール慢性処置のモルヒネ誘発報酬効果における GSK3β signal

cascade の影響

露木智久, 芝﨑真裕, 安藤光史, 男澤杏美, 森友久, 鈴木勉


第 23 回マイクロダイアリシス研究会

平成 24 年 12 月 10日, 東京

カンナビノイド受容体作動薬のモルヒネ誘発精神依存および側坐核におけるドパミン遊離に及ぼす影響

佐伯朋哉, 森友久, 芝崎真裕, 阿部美奈子, 宇田川雄哉, 鈴木勉


第 86 回日本薬理学会年会

平成 25 年 3 月 21-23 日, 福島

Zolpidem の慢性処置によるmorphine 誘発報酬効果への影響

増川太輝, 芝崎真裕, 森友久, 石井一典, 山岸ゆい, 鈴木勉


Differential antagonizing effects of clozapine and haloperidol on the methamphetamine- and morphine-induced behavioral changes.

Noriyuki Iwata, Tomohisa Mori, Asami Murata, Masahiro Shibasaki, Tsutomu Suzuki


Chronic treatment of ethanol enhanced morphine-induced hyperlocomotion.

Koji Ando, Masahiro Shibasaki, Tomohisa Tsuyuki, Ami Otokozawa, Tomohisa Mori, Tsutomu Suzuki


Studies of drug dependence (Rept. 4??) Genetic background reflecting the conversion from discriminative stimulus to rewarding effects of psychostimulants in rats.

Daisuke Aikawa, Tomohisa Mori, Tomoya Saeki, Masahiro Shibasaki, Tsutomu Suzuki


日本薬学会第 133 年会

平成 25 年 3 月 27-30 日, 横浜

Morphine 誘発嘔気•嘔吐作用と唾液中アミラーゼ活性の相関性の検討

宇田将人, 芝崎真裕, 伊東俊雅, 森友久, 鈴木勉


薬物依存の研究 (第473報):Methamphetamine 誘発自発運動促進作用に対する lipopolysaccharides の影響

今井敏雄, 芝崎真裕, 森友久, 鈴木勉

 







4. 著書

1. 疾病と病態生理 改訂第3版

    鈴木  勉

    南江堂,  2012


2. 薬学用語辞典

    鈴木  勉

    東京化学同人,  2012


3. オピオイド 基礎を知って臨床で使いこなす

  鳥越一宏, 吉澤一巳, 成田 年, 鈴木 勉(分担執筆)

    克誠堂出版,  2012


5. 雑誌等記事